テレビや舞台で活躍する「女優」というお仕事に対して、憧れを抱く方も多いでしょう。スポットライトを浴び、周囲の人々から注目される毎日には、強い魅力がありますよね。しかしいざ、「本気で女優を目指したい!」と思ったときに、どうすれば良いのか迷ってしまうことも……。

今回は、女優になりたいと願う女性たちに向けて、「女優になるにはどうしたらいいの?」という視点で情報を紹介していきます。

女優とは、具体的にどんなお仕事?

女優とは、多くの人の前に立ち、様々な役を「演じる」ことを職業としています。女優が様々な役になり切ることで、見る人は「物語の世界」へと没頭していきます。

特に注目されやすいのは「主演女優」ですが、物語の質を高めるためには「脇役女優」も重要な役割を果たしています。「役」になりきることで、周囲の人を圧倒するパワーを求められると言えるでしょう。

女優の中には大きくわけて二種類あり、「どこで」活動するのかによって「映像女優」と「舞台女優」に分けられます。テレビをつけたとき、ドラマの中で活躍しているのが「映像女優」であり、舞台上で生の演技を見せてくれるのが「舞台女優」です。

同じ女優でも、両者の間には大きな違いが存在します。

一般的に「舞台女優」の仕事は、一瞬一瞬気を抜けないもの。全てが通しで行われ、観客の眼前で演技をしていく必要があります。

一方で「映像女優」の仕事は、何度も撮り直しをして、ベストな作品を作り上げていくことになります。とはいえ、撮影が細切れで行われるケースも多いため、スタッフの求めに応じて、臨機応変に演技力を発揮する必要があるのです。

近年では、「普段は映像女優をしている人が、実力をつけるために舞台に出る」といったケースや、「舞台で実力を見いだされた女優が、映像女優としても活躍する」といったケースも増えており、両者の境目が曖昧になることも多いよう。

しかし、本気で女優を目指す際には、「自分がメインで活躍したいのは、どんな場所なのか」を考えておく必要があります。

女優になるための方法

事務所や劇団に所属する

女優になるための方法として、スタンダードなのは「事務所や劇団に所属する」というものです。

映像女優として活躍するためには、まず「役」をもらわなければいけません。

しかし、ドラマや映画で使われる「役」の情報は、事務所を通じて本人に通知されるケースが多いのです。オーディションの場合も例外ではありませんから、まず事務所に所属しなければ、「チャンスをつかむための情報が得られない」という状況にもなってしまいます。

芸能事務所一覧

また舞台女優の場合には、公演を行っている劇団に所属する必要があります。

都市部で大規模な公演を行う大規模劇団もあれば、地方を中心に活動する小規模劇団もありますが、劇団員として地道な活動を続けていく中で、徐々に役をもらえるようになる、という流れが一般的です。

劇団員の募集方法は、それぞれの劇団によって異なります。

また劇団によって雰囲気や募集内容もちがいますから、自分が「良い」と思う劇団を見つけ、情報をチェックする必要があるでしょう。

劇団員になるには

オーディションを受ける

映像女優・舞台女優ともに、「女優」として仕事をするためには、「役を演じる」ことが必要です。事務所や劇団に所属する以外にも、自ら積極的にオーディションを受けることで、役を得られる可能性もあります。

事務所を通じたオーディションと比較すると数は控えめですが、「新人発掘」を目的として、オーディションで「役」を決定するケースもあります。

事務所所属オーディションとは異なり、こちらの場合「合格=役を得られる」ということでもあります。門戸が広いとは言えませんが、デビューに結び付くという点ではメリットも大きいと言えます。

さほど大きな役柄ではなくても、積極的に取り組むことで実力や経験につながっていくはず。女優を目指したいと思ったら、情報を集めてみるのがオススメです。

まずは知名度を上げる

三つ目の方法は、上二つとは少しアプローチ方法が異なります。

それは、「他ジャンルにおいて、まずは知名度をアップさせる」という方法。知名度があがれば、メディアや視聴者から求められる機会も多くなります。

そこで女優へと転身する、という道筋になります。

少々回りくどい印象ですが、「モデルとして活躍していた人が、女優としても活躍する」「アイドルでありながら女優業にも挑戦する」といった事例を目にした経験も多いはずです。

特に「映像女優」の場合には、視聴率をとれる人材であることは重要なポイント。女優以外の活動で知名度が高ければ、女優業でのオファーがやってくることも珍しくありません。

「アイドル」や「雑誌の専属モデル」と聞くと少々ハードルが高いようにも思えますが、近年はよりハードルの低い「読者モデル」から人気を高め、演技の世界にたどり着く方もいます。「今自分にできること」から、コツコツと努力を積み重ねていく方法もオススメです。

「いずれ女優に」という希望を持つなら、演技力を高める勉強だけは忘れないでください。

モデルになろう

女優に求められる資質とは?

最後に紹介するのは、女優という仕事に求められる資質についてです。

よく耳にするのが、「女優になるためには、やはり美しい顔が必要ですか?」という疑問。

映像の世界はもちろん、有名な舞台で活躍する女優さんの中には、顔立ちが整っている方も多いですから、こうした疑問を抱くのは、ある意味で当たり前のことだと言えるでしょう。
この疑問に対する回答は、「必ずしもそうではない」というものです。

誰かを演じる女優に求められるのは、ズバリ演技力です。
それと同時に、周囲の人の注目を集める力も必要だと言えるでしょう。

生まれつき優れた美貌を持つ女性は、それ自体が「周囲の人の注目を集める能力」です。
オーディション合格や事務所所属などの道のりから「女優」を目指すのがオススメです。

反対にあまり外見に自信が持てない場合には、高い演技力や技術で周囲を圧倒する必要があります。
この場合は専門学校や養成所、大学の演劇専門コースなどで、演技についてきちんと学ぶのが良いでしょう。
学びながらオーディションなどの活動も行うことで、効率よく「女優」を目指していけます。

最後に

女優になるには、「正解の道のり」というものはありません。

自身の実力と運、そして「役」との巡り合わせによって、その都度対応を検討していくのがベストだと言えます。自らチャンスを求めること、そして巡ってきたチャンスをつかむための努力を忘れないことが、何よりも重要だと言えるでしょう。