アン・ヌフは俳優で元ザ・タイガースでベーシストをしていた岸部一徳さんの個人事務所で岸部一徳さんが代表です。2016年に女優の井上真央さんが移籍した事で話題になりました。

所属タレントは4人と少ない事務所なのですがベテランの実力派が、揃っている事が強味で「脇役をやらせたら天下一品の役者揃い」という定評がありましたが昨年、井上真央さんが移籍してきた事で事務所のイメージも変わっていくのではないか? と期待されています。

所属タレントさんは以下の通りです。

・岸部一徳
岸部一徳さんと言えば「相棒」の官房長のイメージが強いですが
元々はミュージシャンでした。

1970年代に芸能界に「グループサウンドブーム」というのが有り
沢山のバンドが登場しました。
そして、その中に堺正章さん、萩原健一さん等、後に芸能界で
大活躍をする方達がいました。
そして、当時、最も人気があったのが沢田研二さんがボーカルをしていた
ザ・タイガースでした。

岸部一徳さんはザ・タイガースでベースとボーカルを担当されてました。
実は岸部一徳さんはベーシストとして相当の実力をお持ちで
日本を代表するベーシストである後藤次利さんに最初にベースを教えたのが
岸部一徳さんだった事はあまり知られていません。

レッド・ツェッペリンのベーシストであるジョン・ポール・ジョーンズが来日した際に
岸部さんの演奏を聞いて感心し帰国後に「ベースの奴はとんでもないスゴ腕でね。
俺よりもいいんじゃないかと思ったぐらいだ。会いたかったんだが、結局会えずじまいだった。」
と語ったと言われています。
ザ・タイガース解散後は井上堯之バンドで色々な曲の演奏に参加しました。
「太陽にほえろ」「傷だらけの天使」のオープニングテーマも岸部さんが
ベースを弾いています。

1975年に久世光彦プロデューサーの薦めで『悪魔のようなあいつ』に出演。
1990年、『死の棘』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。
大林宣彦、岡本喜八、北野武等の映画監督から出演オファーが絶えず
今や、これらの監督さん達の映画では常連さんです。

・塩見三省
今年69歳になる塩見さんの名前をご存じの方は少ないと思います。
ですが「あまちゃんの琥珀のおじさん」と言ったら覚えておられる方も
多いのではないでしょうか?
塩見さんは地味ながら「独特の持ち味を持つバイプレイヤー」として
長年、舞台、映画、TVで活躍されてきました。
2014年に脳出血で倒れてしまいましたが、その後、復帰され、今は
ご自分のペースで仕事をされています。

・岸部 四郎
岸部一徳さんの弟でザ・タイガースの最後期にメンバーにもなりました。
その後は朝のTV番組「ルックルックこんにちは」で長年、司会を務めて
いたので、そちらのイメージが強い方も多いと思います。
「西遊記」、「電車男」等にも出演されていましたが現在は
体調を崩され仕事は控えているとの事です。

・井上真央
言わずとしれた、今や日本の代表的な若手女優さんです。
大河ドラマや朝ドラの主演もこなし、まだまだ、これから沢山
活躍される事でしょう。
井上さんの加入で「アン・ヌフ」は「がらっと」変わっていくかもしれません。
これからが楽しみです。

タレント事務所一覧

主なタレント事務所は、こちらのページでまとめて紹介しています。

芸能事務所一覧