ヒラタオフィスは、1979年に設立された芸能事務所で、東京都港区に本社があります。

現在の所属タレントには宮﨑あおいや多部未華子、松岡茉優など、実力派女優が多いイメージですが、元々はモデル事務所としてスタートしました。

2007年にはヒラタビーンズというキッズ部門を新設し、子役の育成にも力を入れています。

ヒラタオフィスの特色は、映画に強いことに定評のあるプロダクションだということと、女優や俳優が自分自身をマネージャーとともに共同プロデュースするという独自の育成方針です。

その一環として、女優や俳優が自身のイメージや作品性、メッセージ性などを考慮しながら自ら出演作を選ぶことで知られています。

ヒラタオフィスにはENTERTAINMENT(役者部門)、VOICE ACTOR(歌手部門)WOMAN(モデル部門・女性)MEN(モデル部門・男性)HIRATA BEANS(キッズ部門)があり、フラッシュアップという新人研修部門的な位置づけの関連会社もあります。
所属タレントには女性が多く、年齢層も幅広いので、若手女優の登竜門的な作品からベテランの技巧が必要とされる作品まで、どんなものにも対応できる層の厚さが強味と言えます。

新人の募集は常にしているようで、公式サイトには募集要項が掲示してあります。

募集されているのはタレント、女優、俳優、モデル、シンガー、声優の6種類の分類で、応募資格は13才から30までの心身ともに健康な男女ということです。

応募方法は郵送とEメールでの二通りの方法があり、一次審査は書類審査、二次審査は面接とビデオ審査になるようです。
歌手部門に応募する場合はCD-Rに入れたデモ音源も提出する必要があります。

小松未可子はこの募集に応募してデビューしたようです。

オーディション合格者はます新人部門であるフラッシュアップに所属となり、基礎研修を受けながらデビューのチャンスを待ちます。
新人研修中でも個人の実力を認められた場合は、即プロモーション活動をしてもらえることがあるようです。

基礎研修期間を終えて一定以上のレベルに達した所属者は、フラッシュアップ内のマネジメントはもちろん、ヒラタオフィスのサポートも受けながら売り出してもらえることになっています。

系列会社が複数あり、キャスティング会社や映像制作会社、音響制作会社、レコード会社などとのつながりがあるからこその連携したサポート体制で新人をプロデュースすることができるのですね。

フラッシュアップの公式サイトにはキャスティングというページがあり、パスワードがかかっているので一般人が内容を見ることはできませんが、キャスティング会社の人間ならパスワードを発行してもらって中を見られるようになっています。公式サイトから直接スカウトしてもらうシステムになっているんですね。

ヒラタオフィスの公式サイトには新人紹介のページがあり、新しい顔ぶれが続々とアップされています。次世代の宮﨑あおいが生まれる日もきっと遠くないのでしょうね。

タレント事務所一覧

主なタレント事務所は、こちらのページでまとめて紹介しています。

芸能事務所一覧