茂田オフィスは東京都港区赤坂に所在している芸能事務所で、茂田瑤子が代表を務めています。茂田オフィスは、俳優をしっかりと育てる事務所として定評があります。2001年には、新人の発掘や育成を行うSHOという部門も設立されました。茂田オフィスの所属タレントには、阿部寛や名取裕子、筒井真理子などがいます。SHOには、斎藤こず恵や小林千晴、赤石優衣などが在籍しています。

阿部寛は、1983年に「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募して優勝しました。それがきっかけとなり、モデルとしてデビューしています。「ノンノ」や「メンズノンノ」などのファッション雑誌で活躍し、人気モデルとしての地位を確立しました。阿部寛はその後、「はいからさんが通る」という映画で俳優デビューしています。「はいからさんが通る」は少女漫画を原作にした映画で、南野陽子がヒロインを演じた作品です。

しかし、その後は不遇の時代が続き、俳優としても仕事はほとんどありませんでした。転換期となったのは、1993年につかこうへいの舞台作品「熱海殺人事件モンテカルロ・イリュージョン」で主演を務めた頃からです。NHKの大河ドラマ「八代将軍徳川吉宗」や「元禄繚乱」「武蔵MUSASHI」「義経」「天地人」などにも立て続けに出演するなど、ドラマや時代劇などで脇役として一定の地位を固めました。

そして、2000年には人気シリーズとなったテレビドラマ「TRICK」に出演し、再ブレイクを果たしました。「TRICK」では仲間由紀恵がヒロインを演じ、映画化もされています。その後は、テレビドラマ「結婚できない男」や「下町ロケット」などに出演しています。また、2012年には映画「テルマエ・ロマエ」や「麒麟の翼~劇場版・新参者~」に主演しており、その演技が高く評価されました。ヨコハマ映画祭主演男優賞やブルーリボン賞主演男優賞、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞など数々の賞を受賞しています。

名取裕子は、演技派として知られている女優です。大学時代に「ミス・サラダガール・コンテスト」に応募し、準グランプリを受賞したことがきっかけで芸能界デビューしています。数多くのドラマや映画、舞台、CMなどに出演しており、大人気ドラマ「3年B組金八先生」にも出演しました。また、映画「吉原炎上」では、大胆なヌードシーンが大きな話題となっています。2時間ドラマシリーズにも数多く出演し、「法医学教室の事件ファイル」や「京都地検の女」などの代表作があります。

茂田オフィスの芸能事務所としての強味は、俳優としてしっかりと育成するところにあります。「実践こそ最大のレッスン」という方針の元で、現場に出し様々な経験を積ませることで個々の能力を引き出しています。茂田オフィスに個性が光る俳優が多いのはそのためです。また、所属タレントの一人一人に合わせたアドバイスやフォローなども行っています。

タレント事務所一覧

主なタレント事務所は、こちらのページでまとめて紹介しています。

芸能事務所一覧