あなたが芸能プロダクションを調べているのなら、必ず知っておいて欲しい業界事情をまとめました。

芸能プロダクションの役割とは?

今芸能界にいる芸能人たちは、ほぼ例外なく芸能プロダクションに所属しています。ただし、絶対に芸能プロダクションに所属しなければいけないという規定はありません。ただ、芸能活動をする上で、芸能プロダクションに所属しておいた方が、メリットが多いのです。どのような役割があるのかというと、まずは仕事の選択肢が増えると言うことです。芸能人は所属事務所に仕事を手配してもらえるというメリットがあります。

芸能界の仕事は多岐にわたる仕事なので、どんな仕事でも受けるとなると、仕事をやりきれません。芸能プロダクションを所属芸能人に適切な仕事を振ることができるのです。次に、業務サポートを受けることができるという点です。

スケジュール管理やプロフィール作成、交通手配、ギャランティー交渉といったサポートを受けることが出来ます。こういったことを個人でやることは大変すぎて不可能と言っても良いのです。

あとは、外部のネガティブ要因から守ってくれます。外部のネガティブ要因とは、主にトラブル対応をしてくれる点です。芸能人は大きなストレスの中で仕事をしているので、こういったストレスから芸能人を守るためには、芸能プロダクションの力が頼りなのです。

各芸能プロダクションごとの違いはあるの?

芸能人のほとんどは芸能プロダクションに所属しています。一般人が会社に就職してそこからお給料をもらっているのと同じ仕組みです。フリーでタレント活動をやっている人もいますが、ベテランクラスでないと厳しいのが実情です。

音楽、俳優、お笑いなど、芸能界でやっていきたいジャンルがさまざまあると思います。

オーディションもいろいろなプロダクションが新人やスターを発掘するためにやっているので、そちらで新人賞など何らかの賞を取るのが最善です。芸能プロダクションの違いはお給料の取り分や出来高か歩合など、会社によってさまざまですが、最近はお笑い芸人が歌手をやったり、俳優をやったり、ジャンルを超えた活躍をしているので、どのプロダクションでも才能があればどんな種類の仕事をこなすことも可能です。

アナウンサーではないが、アナウンス業務をしたい人は声や司会の仕事をたくさん扱っているプロダクションがいいでしょう。ナレーターなど声の個性を生かしたい方は、専門的なスキルを披露できる事務所が一番合っています。司会者の横のアシスタントとしてもバラエティや報道など、マルチな才能を発揮できるタレントになることが可能です。どの事務所でも実力と頑張り次第です。

憧れの芸能プロダクションに所属するためには?

芸能プロダクションに所属する方法は、大きく分けて4つあります。

それは、オーディション、養成所、スカウト、業界の知人の紹介です。しかしこの中で、スカウト、業界の知人の紹介は運が関わってくるのであまり現実的とは言えません。なので、オーディションや養成所に入るなど自分から行動に移すことが大切です。

ただし、養成所は芸能界を目指す訓練所であり、卒業すれば芸能プロダクションに所属できるわけではありません。オーディションや芸能プロダクションへの紹介などあり、メリットはありますが最終的には自分の実力で決まるので、そこは注意しないといけません。

俳優養成所に行くメリットとデメリット

また、個人でオーディションを受ける場合は、オーディションで受かるとどうなるか、応募者は何を求められているかを確認して、自分に合ったオーディションに挑戦しましょう。

芸能プロダクション選び方のポイント

所属する事で仕事やレッスン等のスケジュール管理や出演料の交渉、契約書の作成等といった様々な日常業務活動を行ってくれたりといったメリットがある芸能プロダクション。

ではこの芸能プロダクションをどの様に選んでいけば良いのかというと、主に4つのポイントがあります。

ポイント1
まず選び方のポイントとして挙げるのは、自分がどんな芸能人になりたいかという事です。

これは一口に芸能人といっても俳優や声優、子役といった様に様々な種類がある為で、それに合わせる様に芸能プロダクションも様々な種類があります。

この為に自分がどんな芸能人になりたいかを決める事がまず先決となるのです。

ポイント2
2つ目はスタッフと所属芸能人の人数を調べる事で、これはスタッフと所属芸能人の数のバランスが余りにも極端だと起こってしまう1人のスタッフが多くの芸能人の面倒を見るという様な事態を避ける為です。
ポイント3
3つ目はどんな芸能人が所属しているかを公式ページ等で調査するという事で、これは所属している芸能人に知名度がある人が多ければそれだけ実績のある所であると確認出来るからです。
ポイント4
そして4つ目は芸能プロダクション自体の方針を調査する事で、この為に行動方針が公式ページ等に具体的に書かれている芸能プロダクションを探す事になります。

その上で給料体系を始めとした様々な活動方針が自分に合っている芸能プロダクションを選んでいく事になるのです。

タレント事務所一覧

主なタレント事務所は、こちらのページでまとめて紹介しています。

芸能事務所一覧