日本には多くの劇団があり、大小問わず、プロからアマチュアまで全国各地に存在します。その劇団に所属し、舞台に出る人たちのことを劇団員と言います。

劇団での仕事や演技の仕事で生計を立てる人が多く、そういった仕事が少ないとアルバイトなどで急場をしのぐことになります。一方、市民劇団のような場合には休みの日など忙しい合間に練習を重ねて、公演を行うということがあり、この場合はボランティアとして出演することがほとんどです。

このように1つ劇団といっても、その形態や規模など様々であることがわかります。

劇団への道

劇団員になるには、まずはどの劇団に所属をしたいのかというところから始まります

劇団といっても、名だたる有名人などを輩出したような昔ながらの劇団に所属する場合にはオーディションに参加し、そこで合格しなければなりません。しかも、合格したからすぐにいい役がもらえたり、身分が保障されるわけではありません。多くの場合は研究生という形を採用しており、まずは基礎を叩き込まれます。

この基礎練習が大変で、多くの人はここで挫折、もしくはクビにされてその夢を絶たれることになります

ここを潜り抜けた人が端役をもらい、そこで一生懸命に練習を重ねて大役をつかんでいきます。所属したいと言えば誰でも所属できるわけではなく、規模の大きく、役者志望の人が多いところほど最初のハードルから高く、その後もきつい関門が待ち受けていることになります。

とはいえ、こうした名門劇団の劇団員でありながら、様々な理由で脱退し、別のところで活躍したというケースもよくある話です。この場合は新進気鋭の演出家などが新たに劇団を立ち上げてそこに参加するなど、新たに立ち上がった劇団の劇団員として活動するというケースもあります。

一方で、知り合いの役者の紹介や以前出演した舞台を見た演劇関係者からお誘いがあってそこに合流することも劇団の世界ではよくある話です。また、大学時代に演劇サークルに入っていた人たちが新たに劇団を立ち上げるということがあり、若い時からこうした演劇活動をしていくことで誰かしらに紹介を受けることができ、そのまま劇団員になることもあり得ます。

劇団オーディションで求められるもの

ここで気になるのが、オーディションなどでは何を見るのか、劇団に入るには知識や技術は必要なのかですが、オーディションでは、このようなシチュエーションであなたならどう演じますかというお題が出され、そのお題に合わせた演技を行うなどし、そこでの演技や立ち居振る舞いなどから判断することになります。

劇団のオーディションでいきなり即戦力という人はほとんどおらず、光るものを感じ、稽古を積ませれば面白そうだという具合に人材を確保するという流れになっています

知識としてはスラスラと日本語が読める程度で十分であり、外国人も劇団に所属しているということが多々見受けられます。

必要スキル

  • 舞台役者 : 演技 + 歌
  • ミュージカル : 演技 + 歌 + ミュージカルダンス

劇団オーディションで合格を勝ち取るには?

有名な劇団は養成所へ

有名な劇団に入るための養成所というのは存在します。もちろん、ここに入らなければ合格できないというわけではありませんが、どのような稽古がなされているかなどをこうした養成所で体感し、オーディションはこうしたことが行われるというのを知った上で臨むことができます。

また、養成所に入ることで特定の芸能事務所などに入りやすくなるというメリットもあります。子役が多く所属する劇団などがまさにそのような形となっており、大人になっても系列の芸能事務所のお世話になることもよくある話です。

有名な劇団

舞台

文学座
俳優座
青年座
劇団ひまわり
劇団東俳

ミュージカル

宝塚歌劇団(宝塚音楽学校受験対策スクール一覧
劇団四季(劇団四季オーディション対策スクール一覧)
わらび座

劇団に所属してからの苦労

劇団員になったとしても、すぐに生計を立てていけるわけではなく、むしろ苦しい生活が数年続くことになります。毎日のように稽古が入り、その稽古の時間は当然お金などは発生しません。舞台に出れば発生しますが、それでもスズメの涙程度しかもらえません。そうした人はアルバイトをする、女性に養ってもらう、親に仕送りしてもらうなど様々なことをしてその下積み期間を過ごします。

何より大変なのがチケットです。

有名劇団であればチケットはすぐに売り切れ、関係者席の確保すら難しい状況となるのに対し、劇団として旗揚げした時期が最近のところなどはチケットを売りさばくのに大変な思いをします。特に、チケットをこれだけ売らなければならないというノルマが課せられる場合には、道行く人に頭を下げて買ってもらうということをしなければなりません。ここで売れないと赤字を抱えることになり、大変な思いをすることになるため、何が何でも売らなければならず、それもまた下積みの大変なところです。

まとめ

下積みの大変な時期を乗り越えて、そうしたものが人間を成長させ、演技の幅を広げることになります。舞台で活躍した人は別の大きな劇団にスカウトされたり、テレビドラマや映画に抜擢されたりし、有名な役者としての階段を歩んでいくことになります。

また演出家や裏方としての人生を歩む人も多く、脚本家、監督、そして劇団の旗揚げなどを行って、演技に携わることになっていきます。