舞台俳優と聞いて、人はどのような想像をするでしょうか。きっと魅力的な人が舞台の役者になるに違いない、よく通る綺麗ないい声をしているにちがいない。または堂々と舞台に立つのだから目立ちたがり屋で、大声のうるさい人に違いない。

想像は人それぞれですし、実際に多くの個性的な人が多い業界でもあるので、想像通りの人もたくさんいらっしゃいます。一般的に舞台演劇を見に行かない人には舞台俳優はどのような人なのか、名前さえ知らない場合もあるでしょう。

しかしテレビ番組や映画やドラマに出演している役者の中には、実は驚くほど舞台役者出身の人が目立っています。

その数も少なくありませんし、やはり声の出し方も何か違うように耳に飛び込んできます。よく通る声をしているということもあるでしょう。テレビでは声や音は、専用のマイクで録音しています。なので小さな呟きの声などもよく聞こえるようになっています。

方や舞台の芝居というものは、建物の大きさ広さで声の響きが変わりますし、どのお客にも聞こえるようにセリフをいわなくてはなりません。なのでよく通る声の訓練や経験を積んでいるのです。

一番遠い席に同僚に座ってもらい、声の音量と質を確認してもらおう!

ただセリフは、観客に伝わらないことには始まりません。なのである海外の演出家は、発音をきれいにしなさい、ということに重きを置いて、声の大きさはまた別の次元の話であると言う人もいます。これはもう演出家のただの好みなのでしょうか。

一概にそう断定することはできません。

なぜならば劇団によりますが、いつも同じ場所で演技をするわけではないからです。大きな場所では、もしくは小さな部屋では、大きな声はうるさいだけになってしまいます。野外ならば通る声のほうが良いでしょう。その場で最適な声の出し方はとにかく多岐にわたります。

重要なセリフをクリアに伝えるため、母音子音が重要!

どこで演技をするにしても、やはり伝えなくてはならないセリフは、綺麗な発音は必須なので、発音訓練をしなくてはなりません。

特に、母音子音をきっちり練習することは、重要なセリフをクリアに伝えることのできる発声力にもつながります。

セリフは喉から出さないように!

よく大きな声を出せと言われる時は、すぐあとぐらいに、腹から声を出せと、より具体的な指示をされることがあります。なるほど腹筋を使ってだす声は確かに力強く聞こえてきます。圧力をかける、というように言い換えることもできます。

よく通る声とは言い難いので、次は喉を開けなど指示されることもあります。

それらの指示を受ける理由は、いずれも喉だけを使うと声帯を傷つけてしまう恐れがあるからです。

急に応援団のような大声を出すと、すぐガラガラ声になる人がいますが、これは喉だけを使ってしまうからなってしまう現象です。しばらくすれば戻りますが、繰り返してしまうとガラガラ声で固定されてしまうことになります。ハスキーな声がセクシーなのは、もともとその人の持つ個性であるからセクシーに聞こえるのです。傷つけてしゃがれ声になってしまうと、これは失敗であるということになってしまいます。

歌を歌う場合も同じですが、しっかり腹筋を使って大きく口を開けてお腹から出す声は、本当に遠くまで聞こえるようになります。

野外コンサートなどで合唱する場合など、特に有効な方法だと言えます。このときも、大きく開けた口ではっきりと発音することにより、観客の耳に届きやすくまた認識しやすいのです。話し方講座や歌のレッスンなどでよく耳にするボイストレーニングも、舞台俳優でなくとも受けることがあります。

最後に

正しい発声や通る声の出し方は、普通に生活しているだけでは手に入れることは難しいので、自分で練習するのですが、やはりプロのトレーナーについてもらうほうが断然近道です。

人の声を使う訓練は、楽器の練習と同じで自己流で練習してもなかなか成果は出にくいでしょう。下手に努力をしても声帯を傷つけることになりかねませんし、そうなってしまってはなかなか元に戻すのは困難だからです。定期的に練習メニューをこなし一朝一夕で身につくものではないからです。

細かく言えば、歌うときの声と芝居で使う声は違うというのが通説です。

例えば、世間をにぎわす人気歌手でも、テレビ番組に出演して話す声はまるで別人のように聞こえることがあることでもそれがわかります。まずは正しい方法をまなぶことこそが大切なのです。身に着けるべきはきちんと正しい発音をすることです。人の耳は心地いい音を拾いあげようとする習性があります。

こと日本人という民族は、昔から耳がいいとされています。鈴虫やセミなどの虫の声は、日本人には季節を伝える虫の声なのですが、外国人には雑音だと脳が判断してしまいます。ぜひ自分にあった方法で個性を磨いていきましょう。