俳優に限らず、タレントや声優を志す場合、養成所に入って基礎を固めてその次のステップを歩もうとする人がいます。こうした道を志す人の中には養成所に入っておけばひとまずは安心であり、成長することができると思っている人も少なくなく、そうした気持ちで頑張っている人もいます。

また、実際入り、それからも高い授業を支払っているケースもあり、お金さえ出せばなれるのではないかと思っている人も少なくありません。今一度養成所の性質を知っておくことが大事であり、実際にそれを知り、心を一新させて夢に向かって頑張ることができるようになります。

養成所の本質

結論から言えば、養成所に入ったからといって、俳優やタレント、声優になることができ、すぐに事務所に所属できるとは限らず、むしろそうした人は少ないというのが現実としてあることを知らなければなりません。

本来、養成所はその中から筋の良さそうな人をピックアップするために存在し、その多くはピックアップされずに終わります。

また、そこでの授業料が収入となるため、うまくその人の可能性を示そうとしながら、でもあなたには実力がなかったと通告し、才能がなかったということにして諦めてもらえればそれでいいという面もあります。入ってきた人全員を一人前にさせてやるという気概は少なくとも大手ではなく、勝手に教えて要領のいい人が育ってくれればいい、もしくは本当に才能として磨いてやりたいという人が出てくればいいぐらいのスタンスでしかないということを知っておく必要があります。

ただ、その姿勢を最初から押し出せば、口コミであそこは詐欺のようなところだと吹聴されてしまうことから、可能性はあったがなかなかチャンスを活かせなかったということにして、あくまで実力不足だったということにさせれば、何の問題もありません。

養成所の活用ポイント

これを踏まえると、基本的にはそこまで教えてくれず、あとは自分で何とかしてくれというのがスタンスとしてあることから、いかに能動的に活動するかが大事です

もちろん、発声練習やダンス、ストレッチなどのことは教えますが、演技に関する具体的なアドバイス、気持ちの作り方などはそう簡単に教えてくれず、自分で習得していかなければなりません。お金を出して入ればなんとかなるだろうと思っていると痛い目を見るだけでなく、ほぼ間違いなく、俳優やタレント、声優の夢を叶えるということは難しくなります。

ただ、行くべきではないということはなく、メリットもあります。

人脈の構築

業界の関係者との人脈というのはとても大事です。大学の演劇サークルに所属していた人が、とある演出家が劇団を旗揚げする際に先輩後輩だから、あるいは以前客演で出てくれたからという理由で声をかけてくれ、その劇団の仲間にしてもらえるということはよくある話です。

このように、業界の関係者との人脈は今度活動するにあたり、とても重要な要素となります。当然、仲間となる人たちとの関係性も大事であり、一緒に劇団を作る、ライバルとしてお互いを高めあうなど様々な面で同期というのは大事です。もちろん、チャンスというのも転がり込み、オーディションを受けさせてもらうということも可能です。ただ、俳優やタレント、声優の実力を確実につけることができるかどうかは未知数な面もあります。

自己を見つめなおす鏡になる

また、考えておきたいこととしては、養成所に入る人はそれだけ高い意識の人が多いということです。意識を高くすること、他の人がそこまではさすがにやらないという訓練、練習、経験というものをいかに積み重ねていくことができるかが非常に重要です。

笑わせるというのがどれだけ難しいか、同期と一緒にお笑いのコンテストに出たというのでも十分な経験です。

人はなぜ怒るのか、怒り方もどんな怒り方があるのかなど感情に関する探究をしていき、実際に確かめてみるというのも後々で活かされることになります。俳優の多くは人間観察を趣味とし、赤の他人の動きを見てるだけで勉強になるという人もいます。他の人間と同じことをするのではなく、どのように自分なりのオリジナリティーを出していくかということをこの段階から考えていかねばならず、それが考えられないという人は残念ながら向いていないということになります。

厳しい芸能界

中には養成機関にすら入ることのできない人というのもいます。そこに入るのでも相当な苦労を重ねているというようなケースでは、実際に入ってみるとかなりの成果を上げる人がほとんどです。そこがすごいというのもありますが、そこまでの努力を最初から重ねることができた人が活躍しているというだけであり、努力を努力とも思わない人がむしろ多いのも事実としてあります。

俳優やタレント、声優を志すという人の中で、涙ぐましい努力なんかしたくない、もしくはお金を出せばそうしたものになれると思っていたという人には厳しい世界であると言えます。

それでも自分はタレントなどになるんだという強い気持ちがある人が実際に入り、レベルの高さを痛感し、そこで何を学ぶかが大事になります。