イントレは建築現場などで見かけることの多い鉄製のパイプを使った組み立て式の足場のことを言います。

このイントレはコンサートや演劇などの場面においてスポットライトなどの照明装置を設置するために使われているものです。

芸能界において広く使われているこの言葉は「映画の父」という異名を持つD・W・グリフィス監督が監督を務めたことで知られる1916年のアメリカ映画「イントレランス(INTOLERANCE)」のタイトルから取られたものです。

この映画を撮影する時にスポットライトなどの照明器具を設置するために多く用いられた仮設の組み立て式足場のことを映画のタイトルで呼ぶようになったことが語源であると言われており、後にイントラレンスの省略形である「イントレ」と言う呼び方が浸透していきました。

この言葉は当初映画や舞台に携わる人々の間でのみ通用する俗語だったのですが、長い年月を経ていくうちに映画や舞台の関係者に限らず一般的にも使用されるようになりました。

ちなみに「Intolerance」と言う言葉の本来の意味は「不寛容・許さないこと、許されないこと」で、前述した組み立て式の足場とは本来全く関係のない言葉なのです。

演技に関する教本一覧

メジャーな演技に関する教本をまとめて紹介しています。

心を動かす演技をするために読んでおくべき教本