舞台・演劇用語としてマチネ、ソワレという用語があります。特にミュージカルでは良く使われる表現ですが、別にミュージカルだけに限らず使われています。

これは両方とも元はフランス語で、マチネとは朝とか午前などという意味、ソワレは夜とか晩という意味です。

つまりその舞台の公演時間を表わしているのですが、もとのフランス語とは若干異なる意味合いで用いられることが多く、マチネとは昼の公演、昼の部、ソワレとは夜の公演、夜の部といった意味で使われることが普通です。

マチネとソワレがあった場合、通常は、両方を通して見て初めて一つの公演という意味ではなくて、同じ公演を昼と夜の2回行うという意味であることが普通です。ただし、出演者の負担を考慮するなどの理由により、出演者は別々である場合は珍しくありません。

どちらを見るべきかというような議論はもう一概にはいえるものではないでしょう。観客層としては、一般的にはマチネは、特に平日の昼間である場合は、仕事をしている世代の人は来れないことが普通です。必然的に未成年者や高齢者、家庭の主婦層が増えることになります。一方でソワレは仕事を終えてから見に来るという人が増えることになるでしょう。