舞台や演劇の用語として、上乗りという言葉があります。この上乗りという言葉は、荷物と一緒に人が車や船に乗っていくことや、乗っていく人を意味しています。また、荷物の管理や監督を行う人のことも指しています。

演劇の世界においては、巡業公演の際にトラックで道具類を運ぶことが多くなっています。その際に、トラックの荷台で積み方や順序などを決める仕事をしている人を、上乗りという言葉で表現しています。

舞台においては、演目によって道具も様々なものが用意されています。当然、道具の大きさはトラックに合わせて設計されているわけではありません。そのため、道具を積み込む際には、全てのパーツの大きさなどを把握して積み込む必要があります。

更に、大道具や小道具以外にも、音響機材や照明機材なども積み込みます。精密な機材であるため、それらの機材に対する配慮が欠かせません。運転する際の安全性を考え、荷台内の左右の重さも計算しなければなりません。仕込みとばらしの順番まで、考慮する必要に迫られます。

以上のことから、上乗りという役目は非常に難しいものだと言えます。トラックの運転手については、外部の人に依頼することもありますが、上乗りは舞台関係者に任せることが多く、特に大道具の人に任せるケースが多くなっています。

演技に関する教本一覧

メジャーな演技に関する教本をまとめて紹介しています。

心を動かす演技をするために読んでおくべき教本