舞台や演劇の世界で用いられる中日とは、公演の全日程から見た真ん中の日を指します。ちょうど折り返しに当たる日のことを言うので読み方は「なかび」とされ、この日にまつわる様々な風習も存在します。

たとえば公演の前半日程が無事に終わったことを祝い、舞台や演劇の出演者が裏方の人たちと一緒に食事を行います。あるいは中日を一旦の節目にして、前半最後の終演後に一同で一本締めをする場合もあります。日程が長ければ長いほどしっかりと最終日まで務めきるのは大変になるわけですから、再び英気を養うタイミングとして中日は必要不可欠な日なのです。

一方で近年の舞台や演劇の実情を考えると、日程そのものが短期間化しており中日を意識する人も減っている現実があります。ですから初日と楽日が直結しているような感覚になり、若い出演者などは前述の風習について知らないことも珍しくはなくなってきているのです。それでも現代において中日は大切な日であるのに変わりはありませんから、観覧に向かう際などに意識しておくとより深い世界観で楽しむこともできるでしょう。

中日は、大相撲の8日目やプロ野球3連戦の真ん中という意味でもよく使われます。とはいえ元を辿れば舞台や演劇の世界が原点となっている言葉ですので、これを機に覚えておきましょう。

演技に関する教本一覧

メジャーな演技に関する教本をまとめて紹介しています。

心を動かす演技をするために読んでおくべき教本