客電とは、劇場などにおける客席用の照明のことを言います。

一般的にこの照明が落ちると公演が始まる合図になり、この照明が灯ると終演の合図になっています。演劇の開演のときはベルが鳴るとともにこの照明が落とされて真っ暗になり幕が開けて開演という流れになります。逆に終演のときは公演の終了したあと客電が灯った場合は完全に終わりというケースになります。

ただミュージカルでは、照明が灯ったあとも演奏が続いている場合が多いので、灯ったからといってすぐに退出してしまうとその後の貴重な時間を逃してしまう可能性もあるので注意が必要です。

客電は多くの劇場では、オンオフのスイッチがもちろん付いていますが、光の量や速度を調節する調光機と言われる装置も付いています。舞台上の照明は調節できるのは容易に想像できますが、客用の照明についても調節することができるのは演出の一部として大切な役割をもっているということです。

よく演劇の世界では劇場に入った時から公演が始まっていると言われますが、舞台のみに目を向けるのではなく、見えにくいですが細かな仕掛けが施されているとこを見つけるという意味でまた違った楽しみが味わえるかもしれません。