舞台・演劇用語に張り出し舞台というものがあります。普通、演劇をしている舞台と観客席との間には幕がありますが、この幕よりも前方、観客席側にある舞台のことを張り出し舞台と呼びます。

最もイメージの強いものは、舞台中央から観客席に向かって一本の通路のように伸びるものでしょう。

このタイプでは、観客席から三方を取り囲むような形になることから、観客との一体感を高めるような効果が期待できますし、場合によっては幕を一旦下ろした上で張り出し舞台のみで演劇を行い、幕の後ろでは舞台装置の入れ替えを行うようなこともできます。

しかし、広い意味では張り出し舞台とはこのようなものだけを指すわけではありません。観客席に向かって幕よりも前方にあるものという意味のほかにも、二つ以上の方向から観客席に取り囲まれているものという意味で使われることもあります。

歌舞伎の花道は観客席中央にあるわけではありませんが一種の張り出し舞台ですし、アリーナタイプの劇場ですと、それこそ全てが観客席に取り囲まれているわけですから、全てが張り出し舞台だということも可能です。ただし一般的にはアリーナタイプのことを張り出し舞台だとは呼ばないことが普通ではあります。