「張り物」とは、演劇や舞台などで使用されるポピュラーな大道具のことを意味します。木材を骨組みにして、紙や布、ベニヤなどを張った大道具のことを指します。美術でよく使われるような、油絵のキャンバスをイメージしていただくとよくわかって頂けるかもしれませんね。昔の「張り物」は、和紙が貼られたものが大半だったそうですが、現代では布が貼られた物が一般的といえます。

では、この「張り物」とはどのように使用されるかということについてご紹介していこうと思います。

まず、木材に布等を貼ったものに、色を塗ったり、絵を描いたりして、人形たて、つまり、直角三角形の形をした、いわゆるつっかえ棒のようなものにたてかけて安定させ、舞台の風景や背景を表現します。この事を、「遠見」、「書き割り」と呼びます。

定規できっちりと線をひいた、家屋のようなものを「書き割り」と呼び、風景などの遠くの景色を描いたものを「遠見」と呼んでいます。「世は張物」ということわざがありますよね。

この言葉の意味は、世間は、大道具の張り物が見た目だけ本物のようだ、という意味で、世の中では誰でも体裁を取り繕って見栄をはっているものだという事を表しているのです。