『暗転チェック』とは、演劇や舞台で暗転を行う際、きちんと真っ暗になるかどうか事前にチェックする作業のことを指します。
暗転は、場面転換を効果的に演出する役割を持つほか、内装をお客様に見えないよう移動させるための大切な手段です。

そのため、暗転の時に光が漏れ舞台が見えてしまっていると、そのような効果や内装が突然変わった!というお客様に与えるインパクトが半減してしまいます。

それを防ぐため、この暗転チェックは欠かせない工程なのです。

実際の作業は、照明をいったん落とし、漏れている光を一つ一つ潰していく、という大変地道なものになります。

暗幕の隙間のほか、窓のサッシや照明の漏れなど、普段は気にしないところも布やガムテープを用いて丁寧に処理していきます。
場合によっては、建物の管理者の許可を得て非常灯にも処理を施すこともあります。

このように慎重に作業をしても、空調や太陽光のほか、お客様の携帯電話の光などで完全な暗闇にならない場合もあります。

演劇や舞台を観る際は、このような役者側の事情も気にかけて鑑賞すると、多くのお客様が楽しみを共有できる場にすることができます。

演劇や舞台を作る仕組みを理解することで、よりこの世界の奥深さやその魅力を感じてみてください。