暗転幕とは、演劇用語のひとつです。

なんとなくその名前からもわかるように、幕(黒幕)を使用し客席を暗転状態にしながら場面の転換(舞台装置・俳優の移動)をスムーズに行うために使用するものです。

場面転換が細かいものであれば、そこは舞台に立つプロですから、暗い中で場面の転換作業をスムーズに行っています。→暗転転換という。

しかし、場面転換が大掛かりなものになれば、舞台を暗くするといくらプロの裏方さんであっても、明るい時のように動けませんし、明るい中で演技をしていた俳優さんも、目つぶしにあったかのように真っ暗になると躓いたりする可能性もでききて、次の準備をスムーズに行うのは難しくなります。

こうした場合に、緞帳(劇場の舞台の最も観客側にある舞台と客席を仕切る大きな幕のことです。最近では、風景や絵柄が模した物を多くあります。)の後ろなどに吊り下げ、大掛かりな場面の転換作業時など必要となった時に下して使用します。

これを使用することで、客席からは真っ暗に見せながら、暗転幕の中では、明かりをつけて大掛かりな場面の転換作業を行うことができます。また、この暗転幕の前で芝居を続行させながら転換作業をおこなったりと、舞台芸術をより高度に完成させることができるのです。

演技に関する教本一覧

メジャーな演技に関する教本をまとめて紹介しています。

心を動かす演技をするために読んでおくべき教本