書き割りとは、舞台セットのうち、風景や建物が描かれた張り物のことを言います。舞台にあると立体感が生まれ、雰囲気を大きく変える書き割りは大道具に分類されます。風景や建物、木が描かれていることが多いです。紙や布に絵を描き、木で作った枠に貼り付けて1つのパーツとします。それを釘や角材などを使って裏でつなぎ合わせて大きな書き割りとなります。分割できるようにするのは、背景画が大き過ぎると収納や運搬に困るためです。

そもそも歌舞伎が発祥の言葉で、書き割りの中でも建物内部の襖絵や屋外の風景は背景画家が受け持ち、建物は塗り方が受け持つことになっています。

書いて作ったものをいくつかに割ることが可能なことがこの言葉の由来ですが、現代では歌舞伎だけではなく演劇全般で使われいます。書き割りは動詞化して、張物に背景を描くことを「書き割る」と言うようにもなっています。

また、舞台で使う背景の絵は、大掴みに何でも書き割りと言ってしまいますが、定規で線を引いたようにキッチリと家屋などを描いたものは、そのまま書き割りと呼び、遠くの景色を描いたものは遠見と呼びます。木枠にはめず幕としてそのまま布を使う場合は道具幕と呼びます。

演技に関する教本一覧

メジャーな演技に関する教本をまとめて紹介しています。

心を動かす演技をするために読んでおくべき教本