『桁吊り』とは、舞台の天井付近にある、物を吊るためのバトンという棒にさらにバトンを吊り、そこに幕や道具などを掛ける方法のことを指します。

桁吊りの「桁」は建築用語に由来を持っており、柱や壁を支えると共に、建物上部の重さを支柱に伝える役割も果たしているほか、桁違い、といったように規模を表す言葉としても用いられ、その大きさを表しています。

演劇や舞台では主に、舞台の規模が持ち込んだ道具や幕の寸法よりも大きかった場合に、大きさや機能を調整するためや、演出に必要な装置を効果的に使うために用いられています。

例としては、看板や壁紙といった舞台背景の一部をロープや針金で吊り下げたり、スポットライトなどの照明の装置や音響に用いる器具を吊り下げて設置したりしているものが挙げられます。

このような工夫を行うことで、場面の切り替えをより簡単で効果的にしたり、素早く演出を切り替えたりすることができるのです。

バトンが天井付近に並んでいる様子は客席からも見ることができるため、気になる方は大きな劇場に足を運んだ際などに見あげてみると良いかもしれません。

桁吊りのような、演劇や舞台の裏側の仕組みを知ることで、より一層この世界の魅力に触れてみてください。

演技に関する教本一覧

メジャーな演技に関する教本をまとめて紹介しています。

心を動かす演技をするために読んでおくべき教本