橋掛かりとは、能や狂言の舞台において15メートル前後の長い渡り廊下を指しています。

客席から舞台を見たときに、左側が下手になり、その奥に鏡の間と呼ばれる出待ちをする場所がありますが、その鏡の間と本舞台とをつないでいる渡り廊下が橋掛かりなのです。

また、橋掛かりには屋根や欄干があり、舞台に向かう場合には微妙な角度の上り坂になっていますが、これは客席から見たときに、演劇の世界で遠近感が感じられるような設計がなされているものなのです。つまり、ただ単に役者が行き来するための場所ではなく、橋掛かりによって遠近感を出すことで、舞台にも大きな演出効果となってあらわれるわけです。

たとえば、演劇の内容によっては、本舞台とその橋掛かりの先は、この世とあの世といった設定になっており、橋掛かりを歩くことであの世へと旅立ったなどの表現がなされたと考えられるのです。

歌舞伎では、下手側の客席に細長い花道が見られますが、これは橋掛かりの名残であるとも考えられています。もともと能や狂言などと同じような作りであった歌舞伎の舞台が、現在のように変化したものの、花道の奥に揚げ幕があるように、鏡の間の間にも揚げ幕が存在するからです。