舞台演出で数々使われる幕ですが、その中でも特殊なのが消し幕というものです。消し幕は読んだ通り、ものを消すために使われる幕です。

特徴的なのは一般的な幕のようにつるされて使うものではなく、演劇中に黒子などが持ってきて対象物を覆い隠すといったアナログな方法がとられることが多いようです。

幕の大きさも、何を隠すかによって変わりますし、黒子が一人で持ってくる場合もあれば二人がかりで広げて使うこともあります。これはもともと歌舞伎で生まれた演出方法ですが、今でも演劇の世界でそのまま使われています。消し幕は黒子同様演劇の世界では見えないという暗黙の了解になっている黒で作られていることがほとんどで、死んでしまった登場人物を隠したり、舞台セットの変更を隠したりするときに使われます。

しかし、実際には舞台上のライトや、暗転にしたとしても劇場の非常灯によって全て見えなくするのは不可能なのが現実です。消し幕はないことになっている、見えないことになっている、という前提で出てきていますので、なるべく舞台の流れや演出に影響が出ないように心がけられています。観劇する方も、目を凝らして黒子の動きを見極めようとしないようにするのがスマートな演劇の鑑賞方法です。

演技に関する教本一覧

メジャーな演技に関する教本をまとめて紹介しています。

心を動かす演技をするために読んでおくべき教本