転換とは、通常物事の方向や方針が変わることを言いますが、演劇では、場面及び舞台を変えることを略して転換と呼びます。

場面転換は、劇中に場面を変えることで、舞台転換は、セットを変えることを言います。

転換は客の集中力を削がないよう手際よく行うことが求められます。場面を変える場合においても客にとっては演劇の途中なので気を抜くことはできません。実際の演劇では音響や照明などを効果的に利用するなど、様々な工夫がされています。

これほど重要なものですので相当の練習が必要になります。実際に転換の稽古と呼ばれるものを本番の前に行います。これには演者が参加して行うケースもあり、これは演者にとっても重要で、それぞれ一体として演劇が完成することが感じられます。

尚、演劇用語で明転と暗転というものがあります。

暗転とは、場面の変更を客に見えないように暗い中で行うことです。これとは逆に客にあえて見える明るい中で場面の変更を行うことを言います。場面転換を行う際は基本的に前者の暗転で行うケースが多いです。最後に、演劇は一見華やかで演者が目立って見えますが、裏方もいて舞台を支えていること知ることでまた違った演劇の見方ができると思います。