役不足の仕事や役職しか与えず、死ぬまで雇用することを意味する「飼い殺し」。

ふつうはあまりいい意味では使われませんが、演劇の世界では少し変わったニュアンスで使われます。

舞台セットの裏などで、場面転換や演者の衣装チェンジのために隠れているスタッフがいることはご存知でしょうか。実はそのようなスタッフ・状態を「飼い殺し」と呼んでいるのです。このとき、裏方スタッフはお客さんに見えないように必死に隠れつつ、演者の補助をしたり早着替えをさせたりしなければなりません。咳一つすることも許されません。また、予期せず飼い殺しになってしまうスタッフもいます。

例えば舞台中になんらかのアクシデントが発生し、その場に取り残されることになってしまうといったケースです。無理にその場を離れようと動くと、お客さんにうっかり見えてしまったなんてことも発生するので要注意です。それでも転換の都合によりお客さんに見えざるを得なくなってしまうこともあります。

こう聞くと、とても大変な役割であることは間違いないのですが、舞台を成功させるのに「飼い殺し」となる人の存在は非常にありがたいものです。力仕事ですし、空気を読んで臨機応変に動く必要があります。まさに「縁の下の力持ち」なのです。

演技に関する教本一覧

メジャーな演技に関する教本をまとめて紹介しています。

心を動かす演技をするために読んでおくべき教本