「人志松本のすべらない話」とは、ダウンタウンの松本人志がMC&プレイヤーを務めるフジテレビのトークバトル番組です。プレイヤーの名前が書かれたサイコロを振って、出た名前のプレイヤーが話します。一番面白かったプレイヤーには、MVS(Most Valuable すべらない話)の称号が与えられます。ここで「人志松本のすべらない話」で面白かった厳選ベスト10を紹介します。

まずはほっしゃん。のガス代の話です。

これは、ある日彼が引っ越しのどさくさでガス代の支払いを忘れていて支払いの催促が来ていました。支払いを忘れないようにテーブルの上に、「ガス代忘れない」とメモを残し寝たところ、翌日奥さんに「ガスヨって誰よ」とガス代をガスヨと読み間違えて追求された話です。

次に麒麟の田村の貧乏話です。

これは後の「ホームレス中学生」の元になった話です。彼が中学生の時に自宅が差し押さえられ、彼の父親が「ご覧の通り家には入れなくなりました。残念ながらそれぞれ頑張って強く生きてください。解散!」と言って本当に一家離散した話です。

次に矢野兵藤の兵藤大樹のたっくんの話です。

これは家電量販店に行った時、中年男性の「たっくん止めなさい」と叫び、リモコンを隠され子供のいたずらに翻弄される様子をおもしろおかしく伝える話です。

次に吉本新喜新劇座長の小藪千豊の略礼服を購入した話です。

これは、ある日小藪が妹の結婚式に出るので略礼服をデパートに買いに行ったところ、高かったのであきらめました。そんな折個人経営の紳士服店を発見し、事情を話したところ、「すぐに仕立ててやる」とすぐに仕立ててくれたのです。試着もせずに当日式場で来てみると、何と半ズボンだったという話です。

次にカンニング竹山の前田健の仮通夜の話です。

これは親友である物まねの前田健の仮通夜に出向いた時、お父さんから「息子は本当に君のことを愛していたんだよ」と手を握ってきて突然告白されたという話です。生前からゲイであることをカミングアウトしていた前田健でしたから、仮通夜でお父さんに告白されてぞっとした話です。

次に陣内智則のしばくぞおじさんの話です。

これは陣内智則がTwitterでつぶやく度に、フォロワーの一人が「しばくぞ」と返すおじさんがいるというのです。時にはTwitterで会話をすることもありましたが、最後には「しばくぞ」で終わるというのです。その後現れなくなったしばくぞおじさんだったのですが、ある日「新神戸駅に向かいます」とつぶやいてタクシーに乗ろうとすると、中年男性が声をかけてきたのです。

すると「やっと会えたな。俺がしばくぞおじさんやで」と言って握手をして去って行ったのです。2時間後Twitterにはその時のことがつぶやかれ、最後に「これからも頑張ってください」とあったのを見て、陣内が「何でしばいてくれへんねん!」とツッコむ話です。

次に松本人志のカーナビの話です。

これは松本人志がカーナビの性能がイマイチ悪く、高速に乗る必要が全くないのに執拗に高速に乗るように指示して来ます。しびれを切らして「それなら乗ったろやないかい!」と誘いに乗って高速に乗った瞬間に、カーナビが発した言葉が面白かったというオチの話です。

次な勝俣州和の欽ちゃんの話です。

これは勝俣が若い頃、欽ちゃんに「笑いの波が起こっている間はボケはボケ続け、ツッコミはツッコミ続けなさい。その波をずっと続ければ、さらに笑いのビッグウェーブが来る」という教えを受けました。その教えを忠実に守った勝俣が欽ちゃんにツッコミ続けたところ、大変な騒動になったという話です。

宮川大輔の姉のあご矯正の話です。

しゃくれたあごがコンプレックスだった宮川の姉が、アメリカ製の強力なバネが入った矯正ギブスを装着して寝るが、油断した瞬間にギブスのバネな力に負けてしまい結局矯正は失敗に終わったという話です。話の内容と宮川の話し方のうまさがうまく融合して面白い話に完成しました。

最後にSMAPの中居正広のジャニーさんの誕生日の話です。

ジャニーズのメンバーが約60人も集まりジャニーさんの誕生日を開催したところ、ジャニーさんの横には近藤真彦や東山紀之ではなく見覚えのないジャニーズジュニアと思われる若い子が座っていたのです。それを不快に思い怪訝な顔をして国分太一に話していたところ、近藤真彦に「こんな無礼講の場で何をイライラしているんだ」と注意されたのです。そこで中居はその子を指差し「あいつは誰なんですか?」と尋ねたところ、近藤は「俺の息子だよ」と答えてチャンチャンという話です。おまけに息子さんに「ずっと怖い顔で見ていた」と密告される始末でした。

この他にも面白いプレイヤーはたくさんいます。

特に兵藤大樹やほっしゃん。などは常連で、面白い話が他にも多数あります。変わったところでは、綾小路きみまろや古館伊知郎などの参加もサプライズで面白かったです。「人志松本のすべらない話」は、2004年から続く最早老舗のトークバトル番組としてお茶の間にすっかり定着しており、これからも更なる面白くてすべらない話が期待されるのです。