日本はアニメ大国として知られており、毎年数多くのテレビアニメが製作されています。ただテレビアニメの多くは、三カ月もしくは半年といった限られた放映期間で終了するものなので、スケールの大きい壮大なストーリーや、時間をかけて徐々に成長していくキャラクターの姿を見たいという人たちには、少し物足りないと思うことがあるかも知れません。

とは言っても、例えば一年かそれ以上放映が続いたり、途中で休止期間をはさみながらも、トータルで見るとかなりの話数が放映されるような、長編アニメと呼べる作品がないわけではありません。それでは人気ランキングで名前が出てくるほど人気がある、おすすめしたい長編アニメを10作品挙げてみましょう。

「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズ

この作品は一期と二期がこれまでに放映されており、その両方を合わせると全50話という、かなり見ごたえのある作品となっています。この作品の主人公は、天才的な頭脳を持つルルーシュという高校生です。実は彼はブリタニアという国の王子なのですが、目の不自由な妹と共に祖国を離れ、その出自を隠してブリタニアの支配下にある日本で生活していました。

彼は謎の少女から「ギアス」という特殊能力を与えられたことをきっかけに、正体を隠してレジスタンス組織を率い、ブリタニアに対して反抗を開始していくというのが基本的なあらすじです。この作品の魅力は、ルルーシュが正義のヒーローと言うより悪役のような言動をとる人物であることや、親友でありながら宿敵となるスザクを始めとする魅力的な登場人物が多数登場すること、そして予想がつかないようなストーリー展開などを挙げることができます。

「ARIA」シリーズ

この作品は一期と三期が13話、二期が26話の合計52話というなかなかの長さなのですが、壮大なストーリーが展開されるわけではありません。未来の火星にヴェネチアを模して作られた街で、ゴンドラにお客さんを乗せるウンディーネという仕事をしている水無灯里という少女を中心に、同業者の少女たちの日常と成長を温かい視線で描いた癒し系の作品です。

「機動戦士ガンダム」シリーズ

ガンダムは数多くの作品が生み出されているロボットアニメの代表的存在ですが、基本的なストーリーが連続しているのは、富野由悠季監督が手がけた、「ファーストガンダム」と呼ばれる一作目と「Zガンダム」、「ZZガンダム」の三作品と言うことになります。この三本はそれぞれ主人公が異なっているのですが、厳しい戦争の中での少年たちの成長や、多くのキャラクターとの出会いと別れを伴う人間ドラマ、そして激しいメカバトルといた魅力は共通しています。

「銀魂」シリーズ

この作品は休止期間をはさみながら、10年以上もの長さにわたって300話以上も製作されている大長編アニメです。やる気があまり感じられない主人公の坂田銀時を中心に、くせのあるキャラクターが数多く登場するこの作品は、毒のある笑いや熱いバトルなどの様々な魅力が混ざり合っています。

ワンピース

この作品は日本の国民的マンガと言える大ヒットマンガを原作としたアニメで、1999年から放映が続いている大長編です。海賊王を目指す主人公のルフィとその仲間たちが繰り広げる大冒険と強敵たちとのバトルは、幅広い世代の人たちを魅了しています。

「攻殻機動隊」シリーズです。一期と二期を合わせて52話が制作されたこの作品は、かなり大人向けの内容だと言えます。サイボーグやロボットが生まれている未来の日本を舞台に、主人公の草薙素子を始めとする公安9課という組織が、科学を悪用する犯罪に立ち向かう姿を描いています。

「物語」シリーズ

この作品は最初の「化物語」から始まって、これまでに何本もの続編が製作されています。吸血鬼との出会いから特殊な体になってしまった阿良々木暦という主人公の高校生と、彼に関わる複数のヒロインたちが繰り広げる不思議なストーリーが、独創的な映像表現と癖のあるせりふ回しなどと相まって、他に類を見ない作品となっています。

宇宙兄弟

この作品は2年にわたって全99話が放映されました。宇宙飛行士になろうと幼い日に誓い合った兄弟は、兄は会社員、弟は宇宙飛行士と大人になって違う道を進んでいたのですが、その兄がかつての夢をかなえるために頑張り始めるという、感動的なストーリーが大きな魅力となっています。

カードキャプターさくら

この作品は1998年から第一部と第二部を合わせて全70話が放映され、その後も再放送がされていることもあり、現在でも高い人気を保ち続けています。この作品の大きな魅力は、主人公の木之本桜のかわいらしさと、魔法を駆使してカードを集めるというファンタジックなストーリーです。

「ドラゴンボール」シリーズ

言わずと知れた有名作であるこのシリーズは、主人公である孫悟空が、少年から孫までいる大人にまで成長するという、大変長い物語となっています。”